アリババが発表した 「自動車」自動販売機

アリババが手がける、中国最大のインターネットショッピングモールTmall(天猫)が、自動車自動販売機のサービスを発表しました。つまり、自販機でコーラを買うように、車が買えるようになるかもしれません。20181月には、2台のうち、1台が公開される予定です。フォルクスワーゲン、ホンダ、数ある車種の中から、ユーザーは、自由に車を選ぶことができます。価格設定の詳細は、まだ発表されていませんが、この自動車自動販売機は、「安さ」より「快適さ・便利さ」が特徴のサービスだといえるでしょう。もしかしたら、「安さ」も兼ね備えた、最強の自販機になる可能性もあります。


2018年に上海と南京で公開予定の自動車自動販売機
all images courtesy of alibaba group

先進的なサービスだけではなく、その利用方法も画期的です。アプリをダウンロードしたら、スケジュールを組んで、最寄りの自販機に向かいます。到着後、顔認証を行うだけで、好きな車を手に入れることができます。面倒な作業や手続きはありません。「車を買うなら、試乗は欠かせない」という人のために、3日間の試乗期間も定められています。期間終了後、車が気に入れば、そのまま電話1本で購入することができます。面倒だったセールスマンとのやりとりも、膨大な紙の手続きも、もう必要ありません。


顔認識システムを搭載した自動車自動販売機

物流面や保険に関する詳細は、まだ発表されていないものの、忙しい現代人には、かなり魅力的なサービスです。サービス開始後に、どのようなメリットがどれだけ生まれるのか、多くの期待が寄せられています。

alibaba
ほとんどの手続きと処理がアプリ内で完結する

近年の自動車業界では、自律走行車両の開発やカーシェアリングの実現など、次々と新しいアイデアが発表されています。これらのアイデアが、どんな風に社会に実現され、その結果、どのような改善を重ねていくのか、私たちの関心は高まるばかりです。


「自販機の中で車が詰まる」なんて心配もないでしょう

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/technology/alibaba-car-vending-machine-china-tmall-12-13-2017/

29