空飛ぶヨットで海を越えよう

空飛ぶヨット「Foiler」は、私たちのヨットの概念を変えてしまうかもしれません。船の左右に広がる、カーボンファイバーの水中翼は、船内に収納することが可能で、水上1.5メートルを飛行することができます。海の上とは思えない、静かで、快適な乗り心地が実現されています。

従来のヨットの揺れや不安定さは、うまく改善され、乗客の船酔いも引き起こしません。

船に用いられているディーゼル電気ハイブリッド推進システムは、環境への負担を減らし、最小限の燃費で、長距離を走行することができます。そして、より速いスピードを出すことも可能です。

ヨットの速さは、最大40ノット。ツイン320hp BMWエンジンを備え、7名の乗客を乗せることができます。30ノットの速度で航海し、300リットルのタンクで、130海里の範囲を走行することができます。

音に邪魔されず、海の静けさを感じながら、海上を飛行することができます。ヨットに用いられている、ハイブリット推進システムは、バッテリー稼働による静かなクルージングを、10ノットの速さで、最大10分間提供することが可能です。収納可能な水中翼は、メンテナンスの負担も減らします。

空飛ぶヨット「Foiler」は、私たちのヨットの概念を変えてしまうかもしれません。船の左右に広がる、カーボンファイバーの水中翼は、船内に収納することが可能で、水上1.5メートルを飛行することができます。海の上とは思えない、静かで、快適な乗り心地が実現されています。

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/design/enata-foiler-the-flying-yacht-03-02-2018/
著者: Luca Poerio

29