思いっきり海に飛び込もう デンマーク スポーツセンター

デンマークに拠点を構える建築事務所Sweco Architectsは、デンマーク Hallsskovのスポーツセンターの設計を手がけています。彼らが取り組む設計の先には、古い港とウォータースポーツの関連性を高める目的があります。


all images © mads fredrik

Sweco Arichitectsがデザインしたダイビング用のタワーは、地域の象徴的なシンボルとしての役割も果たしています。タワーは、4m8m、そして最上階の11mから海に飛び降りることができるようになっていて、それぞれに積まれたコンテナに生じるズレが、各コンテナ間のコミュニケーションを活発化させています。


デンマークのスポーツセンターのデザイン設計を担うSweco Arichitects

プロジェクトのもう1つのテーマは、リサイクル。タワーに併設されているベンチや仕切り、木製の机は、古い港にあった防波堤の資材が再利用されています。熱処理された木材に覆われたセンターは、最低限のメンテナンスで済むように設計され、照明にLEDライトを使用することで、最小限の消費電力を保っています。


コンテナで構成されたセンター


熱処理済みの木材は、最小限のメンテナンスで済む


地域のシンボルの役割を果たすダイビングタワー


コンテナが積まれて構成されているタワー


ズレが生じるように積まれたコンテナ


それぞれのズレは、コンテナ間のコミュニケーションを活発化させている


4m8m11mの高さからジャンプして海に飛び込むことができる


コンテナの黄色が鮮やかに海に映えている


スポーツセンターの基本計画


各セクション

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/architecture/sweco-architects-water-sports-center-denmark-containers-01-25-2018/

29