1930年代製のトレーラーを改造したキャンパー

vistabule窓が多くあるキャンプ用トレーラーで、車内からリラックスした状態で外の景色を楽しむことができます。設計者であるburt taylor1930年代に製造されたトレーラーのデザインを改造し、クイーンサイズのソファベッドやシンク、2つのバーナーのストーブ、食器や食料、ギア専用の収納スペースを備えたキャンパーを作りあげました。


all images © vistabule

広いフロントウィンドウからは、横たわった状態で星を数えることができます。また、クイーンサイズのベッドは快適なソファにすることもできます。窓の両側の上に隠れるプリーツシェードを引くことでプライバシーを確保することもできます。また、ドアには大きなサイドウィンドウやタッチ式の窓もあります。

トレーラーのヘッドボードには旅行服の収納スペースがあるため、スーツケースを持参する必要がありません。 キッチンには鍋や食料、スパイス、調味料、タオルを収納するためのキャビネットやスペースがあります。右側にはオイル、ワイン、食器類のためのキャビネットが他にもあり、クーラーが中央に設置されています。左には水が流れているシンク、カウンターの中央には2つのバーナー式ストーブがあります。

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/technology/vistabule-teardrop-camping-trailer-11-26-2017/

29