自然風景を異世界の惑星へ 写真家 Reuben Wu

シカゴを拠点に活動する写真家 Reuben Wuは、ドローンを使い、様々な光の姿を撮影します。彼の作品 Lux Noctisには、神秘的な光の軌道が表現されています。

light from the GPS-enabled drones create a halo effect reuben wu

all images courtesy of the photography

GPS機能を備えるドローンの光は、山頂部分にハロー効果を生み出し、Wuは、山頂に降り注ぐ光を計算して、撮影に挑みます。

Wuの公式サイトには、次のように説明されています。

「私の作品には、伝統的な風景写真の枠組みの中の景観が描かれています。一方、アイデアは、19世紀の絵画や、SF作品などに影響を受けました。私たちは、日常生活で多くの美しい画像に圧倒されています。そこで私は考えました。普段の美しい風景に、未確認のものを加えて見たらどうだろうと。そうすることで、新たに、世界を見る目に変化を与えられるのではと考えたのです。この風景写真は、人が生きる実世界から離れ、まるで遠い惑星のような、山の神秘的な美しさを映し出しています」

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/art/drone-photography-mountaintops-reuben-wu-03-09-2018/

29