都市農業とカフェの融合

ベトナム ハノイに Koi Cafeがオープンしました。このカフェを手がけたのは、ベトナムに拠点を構えるデザイン事務所Farming Studioで、アクアポニックスと鯉の水槽を用いて、都市農業を表現しています。

koi cafe farming studio
空間内に流れる滝が、魚に必要な酸素を生み出し、クローズドサイクルシステムを循環させている
all images by nguyen thai thach

鯉から出る廃棄物は、カフェ内の植物の肥料に利用されていて、再生可能な資源の循環を実現しています。植物に栄養を吸収された廃棄物は、再び浄化された水に変化し、水槽に戻されます。クローズドサイクルは、無駄なゴミをなくし、エネルギーを節約すると同時に、植物に使う化学肥料の使用を避けることができます。

koi cafe farming studio
鯉は、日本の国魚として知られている

空間内には、スチールが用いられていて、既存の空間の質を修正する役割を担っています。一方、カフェの家具とインテリアには、既存の空間にあった素材と材料が再利用されていて、デザインの持続可能性が実現されています。アクアポニックスのシステムを通じて、カフェ内では、新鮮な野菜も栽培できるようになっていて、再生可能な資源の継続的に生み出しています。

koi cafe farming studio
the aquarium contributes to a serene environment within the cafe

koi cafe farming studio
屋根のグリーンは、心地よい日陰を生み出している

koi cafe farming studio
インテリアには、地元の素材と材料が使用されている

koi cafe farming studio
カフェの木材は、古い建造物からリサイクルでつくられている

koi cafe farming studio
都市農業は、無駄をなくし、エネルギーを節約する

koi cafe farming studio
水槽の廃棄物は、屋根のグリーンに再利用されている

koi cafe farming studio
入り口から中庭へ

koi cafe farming studio
ファザードには、伝統的なタイル手法batrangが用いられている

koi cafe farming studio
新しいデザイン言語は、地域内に大胆な表現を創出している

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/architecture/koi-cafe-farming-studio-vietnam-aquaponics-12-17-2017/

29