空中を自由に散策しよう アメリカ Des Moines Art Center

アイオワ州の美術館Des Moines Art Centerでは、巨大なインスタレーションがゲストを出迎えます。デザイナー集団Numen/For Useによって制作された、このインスタレーションの名前は、「Tape」美術館で開催されている展示会Drawing in Spaceの1つとして紹介されています。


all images courtesy of the artists

展示会Drawing in Spaceでは、その名の通り、空間にアートを描くように、自由な創作が追求されています。「Tapeの透き通るような明るさは、美術館のブルータリスト建築とラフなインテリア、そしてジオメトリックな構成との絶妙なバランスを生み出しています。

展示会では、この巨大なインスタレーションについて、こんな風に書かれています。「このインスタレーションは、まるで宿主とパラサイトの関係のよう。美術館の建築デザインに新しい芸術が重ねられていく。インスタレーションの中では、座ったり、這ってみたり、寝てみたり。どこから来て、どこへ向かうのか、ゲストはお気に入りの場所を探して動き回ることができます」

ゲストは、靴下を履いて5分の時間制限の中で、インスタレーションを散策することができます。パリ、フランクフルト、ウィーンなどでも、Numen / For Useの作品は展示されてきました。彼らの作品をもっと見たい方は、ウェブサイトとFacebookを訪れてみてください。

アイオワ州の美術館Des Moines Art Centerでは、巨大なインスタレーションがゲストを出迎えます。デザイナー集団Numen/For Useによって制作された、このインスタレーションの名前は、「Tape」美術館で開催されている展示会Drawing in Spaceの1つとして紹介されています。

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/art/tape-sculpture-des-moines-art-center-01-24-2018/

29