「おかえり、ただいま」を建築で表現したなら...

子どもが、家の絵を描けば、3本の線を引いて、屋根と壁を描くでしょう。この家の概念は、文化や国を超えて、多くの人がイメージするものです。韓国のManhwaricanoの家を手がけた、建築家Kim Seongyoulは、この共通の概念をうまく建築に取り入れています

all images by joonhwan yoon

Kimは、次のように話します。「建築は、人々の感情にどのような影響を及ぼすことができるのだろう?そんなことを考えて、デザインを設計しました。シンプルな形から、無限の美しさを生み出したいとも思いました。そして、それを実現するために、このプロジェクトを始めました」

くり抜かれた内部部分は、建物の通路として機能している

家の輪郭は、旧式の概念のまま、人々の心に残り続けています。それは、いままで生きてきた人々の残した足跡の1つとも言えるかもしれません。Kimは、歴史も作品の一部となり、美しい建築はタイムレスに輝き続けると話します。

 rieuldorang atelier 光が差し込む通路

 rieuldorang atelier 韓国にあるManhwaricanoの家

 rieuldorang atelier シンプルな形から生まれる無限の美

 rieuldorang atelier 普遍的な家の輪郭をアイデアに

 rieuldorang atelier 複雑で美しい建築

 rieuldorang atelier 普遍的な居住空間を詩的に

 rieuldorang atelier 歴史もプロジェクトの一部に

 rieuldorang atelier 美しい建築はタイムレスに輝く

 rieuldorang atelier 空洞部分に引き込まれるような外観

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/architecture/rieuldorang-atelier-kim-seongyoul-manhwaricano-korea-02-25-2018/

29