小さな家で大きく暮らそう Steve Areen ユニティワゴン

オーストラリア メルボルンの小さな家に暮らす、スティーブ・アリーンの暮らしには、大人の遊び心が溢れています。私たちは、彼の生活に興味を持ち、彼を取材しました。彼は、私たちのインタビューの中で、次のように話しました。「俺は、小さな家で大きく生きる」そして、彼は、彼の家である ユニティワゴンのこと、いままで手がけたプロジェクトのこと、彼のユーモア溢れる暮らしのことを話してくれました。

steve areen
image © steve areen | video courtesy of 'living big in a tiny house'

小さな家だからこそ、だからこそ、1つ1つの意思決定が強く空間に反映されます。スティーブは、「楽しむこと」を最優先に考えて、家のデザインを生み出しました。自身の情熱が注がれた、この小さな家は、スティーブにとって、最適で最高な場所です。家を建てるために必要な木材は、工場に捨てられていた木材を利用しました。家が完成するまでには、多くの困難と時間がかかりましたが、彼は次のように話しています。「僕は、その毎日をまるでクリスマスのように楽しんで過ごしていたよ」

steve areen
image © steve areen

彼は、小さな家の窓辺に座り、ギターを演奏しながら、美しい自然を眺めます。窓辺の小さな円盤には、ギターのピックやお菓子を置くことができます。そして、この円盤は、照明としても、家の屋根に登る階段としての機能も兼ね備えています。照明の動力は、ソーラーパネルによって、補われています。

steve areen
image © steve areen

狭いだけではありません。家の中にある2つのベンチには、なんと7名が座ることができます。ベッドは、カップルが一緒に寝ることができる広さを保ちます。沢山の人が集まるような家にしたい、スティーブのそんな想いが、これらのデザインには込められています。スティーブは、この家の存在が近隣の農場の活性化にも繋がるだろうと考えています。「小さな家で大きく暮らす」彼は、言葉通り、沢山の人と地域に影響を与えています。

steve areenimage © steve areen

steve areen
image © steve areen

steve areen
image © steve areen

steve areen
image © steve areen

steve areen
image © steve areen

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/architecture/steve-areen-unity-wagon-living-big-tiny-house-02-27-2018/

29