近代的な裁判所が地域にもたらす公共性とは スペイン コルドバ

建築事務所のMecanooは、南スペイン コルドバに、新しい裁判所をデザインするために、エンジニアリング企業であるAyesaとのコラボレーションを果たし、21世紀都市発展の象徴ともいえるアパート群エリアに新しい裁判所を誕生させました。担当したデザインチームはこう話します。「多くの住民が住むこのエリアに公共施設を建てることで、地域の公共性を高め、住民の「市民」としての意識を高めるだろうと考えています」


all images © fernando alda | video © mecanoo

裁判所のデザインで重要なのは、プライバシーの保護とセキリュティの確保。その両面をカバーしつつ、裁判所が持つ「力の象徴」も、この建物にはうまく表現されています。建物のストリートレベルは、2メートル高く設計。一般的に裁判所の中はいくつかの部門に分けられるため、訪問者は入り口から入ると、メインのパティオを通じて、3つの部門にそれぞれ進むことができるようになっています。


南スペイン コルドバに新しく誕生した裁判所

入り口から内部の構造は、一目で認識できるようになっていて、中央のパティオに進むと、それぞれの階数と部門に簡単に辿り着けるようになっています。建物の外周からも、このパティオのルートを活用することができます。建物の凸凹は、自然光をうまく投射し、まるで彫刻のような姿を街並みに映し出しています。


建物のストリートレベルは地上2メートルに設定されている

裁判所の1階には、法廷以外にも、婚姻登録所やレストランなどの施設が含まれています。一方で、高いセキリュティが求められる収容所やオフィスは、中庭から遠く離れた、地下に設計されています。中庭のデザインは、地域のアイデンティティを表すような、縦型の垂直的なデザインになっていて、建物の凸凹が、心地よい日光と風通しをもたらしています。


建物の凸凹が、心地よい日光と風を運ぶ


住宅エリアに誕生した新しい裁判所


異なる階層に外部から直接的にアクセスできる


特徴的な建物の外観


中央パティオから通じる通路のインテリア


窓が少なくとも、日差しが眩しい内部エリア


1階部分は、最も公共的な空間になっている


高いセキュリティが求められるオフィスは地下に設計されている


街並みと裁判所

designboom.com, Milano
原文: https://www.designboom.com/architecture/mecanoo-cordoba-palace-justice-ayesa-spain-01-24-2018/

29